メインイメージ画像

運転免許は本人確認証として利用することも多い

免許を獲得する方法は2つあります。始めは、自動車教習所を卒業し取る方式です。これは、もの凄く定番であり色々な人が運転免許証を取得するための方法として使用されています。法律に制定された学科と運転教習を習得しなければならないので、少々お金がかかり、そうして多少時間の拘束がありますが、指定自動車教習所入所と同時に免許取得は保証されるといっても過言ではありません。

特別なことが無い限り、全ての人が受かります。2つ目は教習所を卒業しないで、直に学科と実技を行う方法です。本来はこっちの方が正統ですが、教習所を出るのは、あくまでも運転免許センターで行うべき技能試験を回避するに過ぎないです。

運転免許の住所変更届の内容は?普通自動車免許の住所変更届の手続きは、的確には記載事項変更のことで、住まい、本籍地、名前等に違いがあった時にしなければならない手続です。

当然引っ越しなどで普通自動車免許証に載っている居所等に違いがあった時に、住所変更手続きを受けなくても免許は使用出来ます。ですけど、連絡書は普通自動車免許に書いてある住まいに行くので更新を忘れてしまう可能性があるので、運転免許は本人確認証として利用することも多いと思うので、住所等に変化があった時に、スピーディーに住所変更を行った方がいいでしょう。免許の住所変更手続きは、新規の所在地を管轄する公安、免許取得センターで住所変更届手続きをやります。

更新情報